不倫されシングルマザーになったのに幸せです♡

サレ妻が離婚してから立ち上がる方法

2018年6月ダンナの不倫発覚から12月離婚成立までの記録と 2019年の幕開けと共に始まった、父、私、娘、犬2匹との田舎暮らしを リアルタイムで綴っていきます。

運命を賭けた家族旅行②

北海道上陸

この旅行中ダンナは何を語るのだろう?

わたしの中で決めていたのは、大人になった娘が、

え!あの旅行ってそんな状況だったの?楽しい思い出しかない!!

って思える旅にしたい。幼過ぎて記憶に残らないかな・・・

 

子どもだけじゃなく、ダンナもわたしも、そう思えたらいいな。

キレイごと、じゃなく・・・

そう振舞えたら、もし離婚になってもダンナ、アイツとの旅行楽しかったな~

っていつまでもいい思い出という未練にしたいのだ。せめて・・・

 

こんなにずっと一緒に居るのは久々で・・・

やっぱりその時間はとても楽しくて・・・それはわたしが吹っ切れたからなのか

単純にダンナが楽しい時間プロデュース、頑張ったからなのか?

 

18時間・・・さすがに長かった。家族全員船酔いはしなかったけど

あの揺れは結構しんどいな(^▽^;)

 

苫小牧港に着いたときにはもう夜だったので

早速!!フェリーチケットと提携したお寿司屋さんへ!!

北海道!!やっぱりお寿司が最高においしかったです💚 

 

海天丸ã»åã亭ã®ã¡ãã¥ã¼

 

その後、虎杖浜温泉ホテルに到着し、久々に川の字で眠りました。

嫌なこと(気持ち)は全部、自宅に置いてきたので・・・

決意通り北海道家族旅行を、純粋に楽しめていました。

わたし、もしかしてもう大丈夫なんじゃないのって、錯覚していました。

 

富良野から美瑛へ

ファーム富田で、北海道産季節の野菜とサクサクコロッケカレーと

名物ラベンダーソフトとバニラソフト 食べてきました!

おいしかったです💖

 

åæµ·éç£å­£ç¯ã®éèã¨ãµã¯ãµã¯ã³ã­ãã±ã«ã¬ã¼ãå¯è¯éå¯ç°ãã¡ã¼ã ãã©ãã³ãã¼ã½ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

何だか今回・・・ブログの色が違うような(;^ω^) たまには、いっか(*^^*)

 

北海道、広すぎてとにかく移動時間が長かったな~

美瑛から旭山動物園へ向かう途中、空港にちょうど飛行機が着陸するところ

だったので、しばらく離発着を眺めていた。

少しだけ雨が降ったからなのか、なんとまた!!今回2本目の虹を見た!!

 

こんなわたしたちの旅行だから、これって何か奇跡でも起きるんじゃないの?

って期待してしまう単純なわたしでした(;^ω^)

結局別れたくないのか!?わたし・・・

だって、楽しすぎるんだもん・・・バカな女です😭

 

その後札幌へ向かうという強硬スケジュール・・・

夕飯に、札幌ラーメン食べるころには、子どもは疲れて寝てしまいました。

二泊目は函館大沼プリンスホテル!!

夜中に着くのはもったいないくらい、キレイなホテルでした。

もう少しのんびり滞在したかったな~

北海道!!見どころ満載すぎて、全然時間が足りませ~ん💦

 

明るくなってから見ると、部屋からの景色も最高!!

朝食後に、ワンコの散歩にみんなで行きました。ワンコ車中泊お疲れ!!

空気も景色も良くて、みんなで行った散歩・・・これだけで本当に楽しかったな。

 

函館観光

五稜郭タワーから、何はともあれ、函館朝市!!ちょっと早めのお昼ごはん。

家族共通の大好物、イカそうめん!!目的はこれでした!!!

それと焼きトウモロコシ!!何たべてもおいしいな~

メロンは、お土産に買ったら、その場で試食切ってくれて

ひとり6分の1切ずつ食べさせてくれました。これもおいしかった♪

 

ãå½é¤¨æå¸ã¤ã«ã½ã¼ã¡ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

もうほとんどただの観光ブログです、今回。

 

その後洞爺湖をちらっと見て、もうフェリーの出航まで時間が!!ない!!

焦りながら、苫小牧港へ向かったのだけど、

やっぱり慌てているから、途中で道間違ったりで💦

時間には余裕をもって、行動しないとね。

 

 

苫小牧港出航

帰りのフェリーは行きよりだいぶ大きくて、揺れも少なかったです。

また18時間の長旅です。帰りはコンフォートという大部屋だったのですが

何より船が新しいのでキレイなお部屋。

それから部屋割りも、子連れ家族だから?か?

女性の一人旅の方々と、シニアのご夫婦とかで

多分、ダンナひとりだったら、男だらけの部屋だったんだろうな😁

快適でした!展望風呂までついていました!!入らなかったけど。

 

それからキッズルーム(平日だからか貸し切りでした)

ドックランまであるのです!!ワンコも大喜びでした!

 

そうそう、帰りの船内でひとつ面白い事がありました😁

わたしは脳内出血の後遺症で足が悪いのですが、

少し引きずる程度で、よくわからない人がみればあまり気づかれません。

家族や知り合いに片麻痺の人がいたりすればわかるかもしれません。

ちょっと派手目な服装の初老のオジサマが近づいてきて・・・

私は気功をやっていて、あなたの足を治せるかもしれません、と

言われたのです(^▽^;) この手の?!感じ・・・

病気の後、結構あったのですが、水を売りつけられそうになったり、

宗教的な勧誘とかね💦色々・・・

 

おぉ!!来た来た!!!って身構えましたが・・・

ダンナも一緒でしたし、船の長旅のヒマつぶしに!?

治ったら儲けものだし!!診てもらうことになりました。

 

足に手をかざして、ハンドパワーを送る、みたいな・・・

ジワジワ温かくなってきませんか❔

 

う~ん・・・あったかいような?

そのあと、歩いてみてと言われ歩くと、あれっ?足がく軽くなったような?

・・・なあんて・・・訳ないよね?でもなんとなく軽い?か・・・

 

わたしも単純で暗示にかかりやすいタイプだからね😅

すぐだまされるしね💦コロッとね💦男性にもね😅

でも暗示にかかっても、足が治るなら、いいかなってちょっと思った。

 

自己防衛本能、磨かないといけませんね、わたし(^▽^;)

でもいいんです、だますよりだまされる方がマシ!!

どうせなら、だまされてたことに気付かなきゃいいんだ!なんてね。

本気で思います😭ダンナも、もっと上手にだましてくれれば良かったのに😭

 

そうこうしているうちに・・・楽しかった北海道旅行が終わってしまいました。

結局ダンナ・・・本題には何もふれなかったぞ・・・

わたしたち家族は一体・・・どこへ向かうのか

これは、お別れ旅行だったのですか、ダンナさま・・・

 

 

 

運命を賭けた家族旅行①

北海道へ~フェリーの旅~

家族、とは・・・結婚とは・・・摩訶不思議です。

こんな状況ですがわたしたち、仕事や幼稚園を休み3泊4日の旅へいってきます。

 

f:id:gorochan75:20190222112251p:plain

 

 

大洗港深夜1:45発、苫小牧港に19:45着という18時間の船の旅!

ワンコはペットルームへ・・・一緒の部屋に泊まるプランもありすが・・・

予算の都合上、ワンコには我慢してもらいます。

うちのワンコ、どんな環境でも適応できる(してくれる?させれせる?)

病気一つしない強靭な、愛すべき雑種犬です💕

 

そうそう、大洗港の近くで深夜にも関わらず

バス停にパジャマ姿のおばあちゃんが・・・徘徊の可能性大です💦

警察に通報、保護していただきました。そんなこんなで、出航ギリギリ^_^;

なんとか間に合いました!!

 

平日の深夜便はガラガラでした。少し揺れるけどベットでちゃんと寝れました。

朝起きると、当たり前ですが、海の上!!

旅行がテーマではないので、載せられる写真これだけです。

虹がかかっていました!

 

f:id:gorochan75:20190222103234j:plain

 

この旅行中に不思議なことに、この虹を皮切りに何度も虹と遭遇しました!

海面からかかった虹はとてもキレイでした。

 

この旅行で何かが変わる・・・

そんな予感をさせるような幸先の良いスタートでした。

 

この日はハロウィン🎃娘との約束で、

ドレスやら魔女の帽子やらネコ耳、を持ってきてあります。

18時間の長い船内・・・仮装してハロウィンパーティしました(*^^*)

 

どこからどうみても・・・

楽しい仲良し家族にしかみえなかったと、思います。

 

②に 続きます。

 

 

田舎暮らしで分かったこと

命の期限について

仕事上プライバシーや守秘義務があるので、詳しくは書けませんが

とても考えさせられる事が起こりました。

昨日まで元気だった利用者さんが、今朝出勤すると数時間前に亡くなっていました。

病院や介護施設などでは避けては通れないことなのですが、

色々な感情が一気に押し寄せてきて・・・動揺しました。

 

昨日、笑っていっぱいお話、したのに・・・

いなくなられたことが信じられません。

仕事は待ってくれませんので、職員で淡々と後の作業をこなしていきました。

利用者さんのお部屋は、あっという間に片づけられました。

 

人生は自分の意思と関係なく始まって、突然終わります。

それは若かろうが、高齢だろうが、関係なくその時は突然訪れます。

 

そう思うと、一日一日がとても大切に思えます。

もともと時間は大切って、思って生きてはいましたけど

やりたいこと、迷わずどんどんやっていこう!!ってますます思います。

 

その利用者さんとのお別れに、昨日の笑顔を思い出しながら、

部屋の掃除をさせて頂きました。

どういう気持ちで旅立ったのかな・・・

わたしの中の最後のお顔が笑っていたから、そのお顔しか思い出せません。

 

ある意味、理想的な最後に思えました。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

伐採現場

田舎暮らしの醍醐味?働かせざる者温まるべからず、というわけで

薪ストーブに為の薪調達の手伝いです。

前回とは別の河原が伐採場所です。普段絶対通らないようなオフロードを

軽トラで行きます。軽トラ・・・田舎暮らし必須アイテム?!

乗り心地💦💦 最高😭

 

f:id:gorochan75:20190221213611j:plain

 

f:id:gorochan75:20190221213629j:plain

 

ついでに、わたしの職場がどれだけ山奥かというと(;^_^A

薪になりそうなモノがゴロゴロしています💦

 

f:id:gorochan75:20190221213646j:plain

 


 こんな山奥なのに、なぜかよく会うネコちゃん。癒されます💙

かわいいのですが、車で休憩していると、ずっと監視されています(^▽^;)

 

f:id:gorochan75:20190221214755j:plain

f:id:gorochan75:20190221213637j:plain

 

田舎暮らしで思う事。

木を切って、それを燃やして暖をとる。薪を燃やすと煙になって空に帰る。

人間も寿命が尽きると燃やされて、灰になって空に帰る。

すべては、シンプルだなぁ。

 

不倫第2章の幕開けか!?

話は、不倫から離婚を考える時期に戻ります。 

わたしの気持ちはちょっとしたことで揺れた動き・・・

離婚しないと決めた次の日でも、やっぱり離婚だ!と思ったり・・・

嵐の海で航海しているような毎日でした。

 

その日、なぜかダンナはご機嫌で、朝っぱらから饒舌で

異常に話しかけてきます。ウキウキしているようにも見えます。

あれっ?この感じ・・・不倫真っ最中と一緒じゃない!?

 

今夜は夕食いらないそうだ!

そういえばこの1週間、日勤のはずなのに全日帰りがやたら遅かった。

わざわざ日中から、機械の調子が悪く遅くなりそう・・・とか

ラインしてきてた!!怪しい・・・

しかも、今月末に社員旅行に行くとか言ってる。怪しい・・・

こういうの前も・・・あったよな?

というか家族旅行2回目に不倫旅行、社員旅行?

旅行、行き過ぎじゃない😅この数か月😅

 

それはさておき、まさか彼女がついに日本にご帰還か!?

ダンナの言葉うのみにして、もう日本に帰ってこれないとか・・・

調べもしなかったけど、彼女日本にまた来ているんじゃないの?

 

あんなに盛り上がっていた不倫愛が、こうもあっさり終焉を迎える訳・・・

ないよね?わたしも脇があまあまですから(;^_^A 

北海道フェリーの旅計画にまんまと乗せられて、

浮かれて楽しみにしている場合じゃなかった。

まさか、あれも罠か!?あ~我に返った!!

 

今ならまだ作戦練り直して、次の手打てる!

こうなったら取れるもの取って、離婚してやる~😥

 

ここまで全部、思い込みの世界かもしれません。

だってもうわたしの中の不信感が消えることはないのですから。

真実はわかりません。本当にもう彼女と何もないのかもしれません。

 

だけど真実どうこうより、わたしがこうなんじゃないかって、

思っていることが上回ってしまって、

どうにもこうにもならない事態まで来ていました。

 

この頃もまた、苦しんでいました。まだ救いのない時期でしたから。

 

子どもの運動会

そんな中で子どもの運動会の日を迎えました。

前日の夜はしとしと雨が降り続き、果たして運動会、延期?決行?

という・・・お弁当作るママたちにとって、非常に困る状況でした。

 

わたしはわたしで、ダンナの不倫第2章の始まりを予感して

また眠れぬ夜を過ごしていました。

早起きして運動会弁当つくらなきゃなのに・・・どうしてくれるの😤

 

ほぼ寝ないまま朝起きると、雨はあがっていました。

時間になっても運動会延期の連絡網はないので、予定通り

サンドイッチ作り始めました。ダンナは運動会会場設営のお手伝い。

子どもにとっては良きパパなのだけどね・・・

 

こんな状況でも、両親そろって運動会に来れたことは嬉しいです。

昨年はパパ仕事でこれなかったもんね、娘・・・

 

ちなみに闘争心のかけらもない娘・・・徒競走、意味わかってるか~

って位、キョロキョロニコニコ走って・・・ビリ(;^ω^)

おもしろかったから、よしとしましょう♪

その代わり?社交性に長けた、娘の幼稚園での日常の姿を見ることができ

それはそれで、ほっとしたし、楽しそうでわたしも嬉しかったよ!

思い出の運動会になったね!

運動会から帰って

寝不足と疲れから、わたしはイライラ・・・

ついダンナに絡み・・・ず~っと気になっていた、

あの件について・・・切り出した。

 

「お願い(>_<)  スマホ・・・見せて!!!」

 

また彼女と会っているのではないかと、気になって夜も眠れない。

鼻歌歌ったり、ご機嫌で、あの頃と一緒だからまた始まった気がして。

一週間ずっと帰り遅かったり、夕飯いらないって言った日は誰とご飯食べたの?

 

全部吐き出した。泣いてしまった・・・

 

このわたしの問いかけに、ダンナの反応は早かった。

間髪入れず、わたしにスマホを差し出したのだ!!目の前でロック解除した!!

 

       「はい」

その瞬間わたし、言ってた。

 

「もういいよ😭今の対応だけで充分、

本当にスマホがみたいわけじゃないのだから

    満足した!ありがとう」

 

もう誠意、感じた。伝わった。信じる。

わたし甘いですか、また簡単に騙されちゃってますか?

もういいのです。これでいいのです。

 

わたし本当にこの時のダンナの対応に、満足したんです。

ふっ切れたのです。ただし・・・

 

離婚をするという方向に、向かうことにです。

 

 

サレ妻が恋に落ちた話②

お詫び

誤解のないように先に結論から書きますと・・・

サレ妻の恋は、もう終わった話です。

現在進行形の日常と、過去の話が並行して同じページに書いているので

なんだか読む人に分かりにくくなっちゃいました(;^_^A

ごめんなさい、分かりやすく過去と現在、同時に書き進めていく方法、

模索中です😅

 

サレ妻の幕引き

初めて仕事以外で彼と会った日の続きです。

 

会ったといっても、突然自宅のそばまで来て・・・

これって一歩間違ったらストーカー(笑)ですね

ダンナは夜勤の日で帰りは深夜、

娘も早々寝てしまった絶好のタイミングでした。

 

とはいっても、幼い娘をひとり家に残してどこかにいけるはずもなく・・・

自宅の近所で、会えたのはほんの数分の出来事でした・・・😢

 

だけどふたりでこっそり会って、抱きしめあった時間は本物でした。

その日から、寝ても覚めても彼の事が頭から離れなかった。

それなのに、それだけど・・・もうふたりで会ってはいけないと

わたしは決めました😢だってわたし・・・ちょっとまで対岸にいたんだもん

なにやってんの、わたし。

目を覚ませ!!という過去の自分の声が聞こえるようでした。

 

皮肉なことに、一番分からなかったダンナの気持ち・・・

身をもって知ることになったのです。それでよかったのかもしれません。

 

結ばれないのに、どうしようもなく惹かれあってしまう。

一緒に居たいのに、会う事は許されず・・・

行きつく先は一体どこなのでしょう・・・地獄しか待っていないと思いました。

 

この気持ちを知って初めて、ダンナの事許すことが出来たと思います。

口先だけじゃなく・・・もしかしたらダンナとこの時なら

一番解り合えたんじゃないでしょうか・・・

 

ダンナとの違いは・・・わたし罪悪感をまるっきり感じませんでした。

ダンナは多少は感じていたと思います。罪悪感の代わりに、

自分の中にまだ、誰かを強く求め愛したい愛されたい

強い感情が残っていたことを知りました。

 

その相手がダンナでないことも・・・わかりました。

だけどその相手が、彼であってはいけないことも・・・

受け入れなければなりませんでした😢

 

だって彼は、結婚しているから・・・奥さんがいるのだから・・・

ここからわたしは苦しみながら、自分で幕を引いていきました・・・

 

彼に言いました。

わたしはあなたに何も求めないよ、わたし離婚するからあなたもしてとか

言わないから安心して!

こう言いながら彼を試す気持ちがわたしの中にあったのは、否めません。

 

彼は言いました。

すぐには出来ないから謝る、だけど好きだから気持ちに答えるよ、と。

 

本気でわたしを思ってくれていたら、言葉だけじゃなく行動する、

わたしにも信じたい気持ちはありましたが、

それからの彼の行動こそ、真実だと・・・アラフォーの経験上気づいていました。

 

いくら言葉で愛している、って言ったって・・・

愛していることは真実でも、イコール奥さんと離婚して

わたしと一緒になるかって言ったら・・・そういう事じゃないのでしょ?

 

果たしてわたしもそれを望んでいるかと言えば・・・

彼との再婚なんて、全く現実味のない話しに感じる。

 

ただただ、誰かに愛されたかった?

ダンナにいらないって言われたようなショックから

立ち直るためには、どうしても誰かに愛されているという事実が

欲しかったのだ。その事実が、わたしこれでいいの?

このままでも誰かに愛される価値あるの?

 

その答えを彼がくれたのだ。ただそれだけ・・・

そして、ダンナの気持ちを解って許す・・・これが結果的に自分の心も救ったのだ。

許せない気持ちを隠して、許したつもりになって生きていくなんて・・・辛すぎる。

 

 本当にいつか彼が奥さんと別れて、わたしの事迎えにきてくれたら、

それが彼の本気、来なかったら本気じゃなかった、という事ですね。

 

どこからどこまでを不倫、というのかはわかりませんが

わたしの中に、彼を求める強い気持ちがあったことは本当です。

恋愛の絶頂期に自分で幕を下ろし・・・

その後の彼からの連絡を受け入れなかったこと・・・

 

ダンナのことを許せたのに、

自分の心がもうダンナに向けられなくなったことに気づき

ダンナにしがみついていた手を、離しました。

 

同時に彼の手も・・・泣きながら放しました。

本当に縁があれば別れても、必ず結ばれると信じて。

 

そうしないと、この先娘の事、胸を張って育てて行けないと思ったし

バカ真面目な自分の性格からして、割り切って適当に生きてくなんて

器用なこともできそうにないし・・・

もうこうするしか、なかった😢

 

しばらくすると、彼からのラインは来なくなり・・・

わたしから連絡することもありません。

 

サレ妻の短い恋は、始まる前に?・・・終わりました。

それでも彼には、ありがとうの気持ちしかありません。

この時の思い出が、充実感が、幸せな気持ちが

今の私を支えてくれて、離婚やシングルマザーとして生きていく力も

自信も、希望も、全部!!与えてくれました。

もう会えなくても、この思い出だけで生きていきます。

本当に、ありがとう。 

 

甘い言葉に酔いやすいバカな女、そのものです。

 

 

 

 

サレ妻が恋に落ちた話①

2019年2月18日 初出勤

行ってまいりました!!シングルマザー出動です!!

雪山を眺めながらの車通勤です。どうかこの冬、もう雪が降りませんように😓

それにしても、こんな山奥で働くことになるとは・・・思いませんでした😅

だけどわたし、そんな自分の意外な人生が、悪くないな~って思っているんです!

こんな大自然の中で育つ娘・・・どんな子に成長するか楽しみです(^^♪

 

ママ友との事を書くかどうか迷ったのと同様、

書くべきか迷っていた事があります・・・ですが・・・

今日とても書きたくなりました。

これを書くことは、もしかするとわたしのブログのテーマ自体を

根底から覆すことになるかもしれません。

同志であるサレ妻を・・・傷つける内容になるかもしれません。

わたしは、サレ妻の味方になるために

このブログを立ち上げたはずなのに・・・

書かないという選択もありましたが、こういう考えで

こうやって人生の決断をしてきた事実を、ぜひ知って欲しいです。

 

それから、わたしが介護の仕事に踏み出した後、

今日こうして新たな場所で、その仕事を選ぶきっかけになったことだから・・・

背中を押してもらった日々のこと・・・恐れず書かせて頂きます。

 

以前の介護現場

信頼していた大好きなダンナの、まさかの裏切りから悪夢のような2か月を・・・

毎日どのように乗り切ったか、今となっては思い出せません。

「離婚」の2文字を考えてからの、わたしの行動は我ながら速かったです!!

本来わたしのんびり人間なのですけどね。

介護という職種を選び、8月にはもう一つパートの仕事を始めていました。

 

近所で、もしもの時は子連れ出勤OKという・・・なんとも有り難い条件!!

わたしもこのタイミングでよく見つけた!!

普通の一軒家を借り上げ、15名のお年寄りを看るデイサービスなのですが

家屋は古くてボロボロ・・・決してキレイで清潔な環境ではなく

定員オーバー気味で部屋はギュウギュウ・・・まだ若い所長は

ここは完全にブラック(企業)だわ・・・って言っちゃうような所でした。

 

潔癖症寄りのわたしには・・・うううわぁ~(;^_^A こんな所で

わたし・・・やってけるの~(^-^; って思いました。

不安だったのですが、働くうちに職員はフレンドリーな人たちばかりで

若手が多いせいもあったのか、明るくノリがいい感じで

大変な仕事を笑いに変えていく力?団結力?ってすごいと思いませんか?

 

わたしの恋愛話

そんなこんなで働き始めて2か月過ぎた頃・・・大雨の日でした。

不倫問題に悩むわたしに、こんな出会いが待っているとは、

思いもしませんでした。他の施設から異動でやってた彼・・・

ずぶぬれで・・・大雨なのにバイクで通勤(^^;)

ヘルメット片手に眼鏡もびちょびちょ・・・それが「初めまして!」でした。

 

週1で会うか会わないかだったので、最初は接点なかったけど・・・

みんなに「イケメン」って言われていたね。

わたしはダンナのことで頭悩ませていた時期だから、

周囲を見回す余裕もなく・・・あまり意識はしてなかったです。

 

なぜかサッカーのユニフォームが、彼の定番で・・・服装自由だからね💦

ま、元サッカー小僧で、サッカー好きなのだろうと、誰が見てもわかる😝

 

わたしが20代後半の時、フットサルブームで・・・

会社のメンバーでチームを作って活動していました!!

懐かしい~楽しかったな~💙おそろいのユニフォーム作って

背番号と名前入れて・・・わたしは病気の後遺症で足が悪いから

マネージャーのはずだったけど、人数足りないからって・・・

ゴールキーパーやらされて(^▽^;) でも楽しかったな~

 

彼のユニフォームみて、その時代がよみがえってきた訳です。

高校時代初めて付き合った男子も、サッカー部だったなぁ・・・

わたし学生時代からのクセ?で、つい

ユニフォーム姿にクラッときちゃうのかも。

 

ほらわたし、病気で青春時代失っていたから

チョット遅めの青春時代取り戻しているみたいな、感覚だったのかな。

コート借りて練習したり、大会に出場したり・・・本当に楽しい思い出。

 

そんなきっかけでサッカー話から、彼と話すようになりました。

見た目チャラくて、介護の仕事なんかできなそうなのに(偏見💦)

その仕事ぶりに目を奪われました。介護って、対、ヒトの仕事だから

その触れる手だったり、かける言葉だったりに、その人となりが

ものすごく表れると思うんです!!その優しさが、彼の介護から伝わったのでした。

 

介護未経験のわたしに、年下の彼は丁寧に仕事を教えてくれました。

移乗とか入浴介助とかの技術はもちろん、その心構えやお年寄りの立場に

たった気持ちの寄り添いとか・・・

自分のモットーみたいなもの、教えてくれました。

 

みんなに好かれていたから、女の子たちとも飲みに行ったりしてましたね。

気にも留めていなかったけど、そのころは・・・

 

ある日、わたしのことも誘ってくれました。

でもわたしはその頃、それどころじゃなくて💦断っちゃったけど・・・

仕事中もよく話しかけてくれて、わたしのお年寄りに対する接し方とか

優しくていいね、って言ってくれて・・・

 

ある日仕事終えて帰ろうとしているわたしに・・・

「この中で、あなたのこと、一番スキです!!」と言ってくれました。

わたし、仕事ぶりを認められたような気がして・・・うれしかったです。

それからは他の子がいるときでも、恥ずかしげもなく

「かわいい!!!」とか わたしのリアクションに「きゅんと来た!!!」とか

「ハグしたい!」とか・・・(;^_^A

 

わたしはわたしで、も~う!!またからかって~😤 

アラフォー女をからっかて楽しんでるでしょうっ!!

って思って対応してました😤 だけど不思議とそんなイヤ気はしませんでした😌

そんなからかわれることさえ 久々で、新鮮でした。

 

「あなたの手の触れ方(お年寄りに対する)、優しくてスキ!誠実さが伝わる!」

って、仕事中真剣な顔で言ってくれていたから。嬉しかった。

これでいいんだ、って思えたから。もっと介護の勉強したい、

もっともっと色々出来るようになりたい!!って思えた。

 

ダンナにわたし、「かわいい」って言われたこと、あったっけ?

単純だけど、女ってこういう事、言われたいんだよね(;^ω^)

 

ダンナの不倫問題で、傷ついて自信なくしていた日々に・・・

ひとすじの光が差し込んで・・・「かわいい!」って言ってくれたひと言に

女としてもうダメなんだと思っていたわたしの心は・・・どれだけ救われたか。

 

そのあなたの扱いに・・・もう会えなくなっちゃった今も、

現在進行形で励まされ続けています。介護の仕事も続ける自信をくれました!

 

一気に距離が縮んだ日

ある時、少し髪型変えていっただけなのに・・・気づいてくれて

「髪の毛、おろしてるのも、かわいいっス!」と言ってくれました。

またまたからかうの~(^-^; こんな喜ばせて!!本気にしちゃうじゃないか!

それにしても、年上女の扱いを心得ておるのぉ~(^-^; 警戒(^-^;

そんなに言われていたら・・・本気にしちゃうよ~(;^ω^)

にしても・・・ダンナ、わたしが髪型変えたとき、気づいてくれたっけ?

 

入浴介助の後には、腰痛くない?って心配してくれて

その時初めてラインのやりとりをしました。グループラインはしてたけどね。

 

その後、わたしが離婚を決め、引っ越すため年内で

この仕事を辞めることを伝えた。それがきっかけで・・・

ラインのやりとり毎日するようになりました。

それまで、ダンナのこととか何も言ってなかったので・・・

ビックリしていて、辞めることにもショックを受けてくれたみたいです。

 

思えばわたし・・・勝手に彼のこと(見た目で)独身だと思い込んでいて

というか全然結婚してる感がなくて・・・若いし・・・

疑いもしなかった、結婚しているなんて・・・

 

その前にもう・・・好きになっちゃってた・・・

彼はわたしのこと・・・前々から気づかないふりしていたけど・・・

思ってくれていたそうです・・・何で??こんなわたしを??

アラフォーだし・・・年上だし・・・そんなわけないじゃん、って。

信じられないし、傷つくのが怖くて・・・

わたし気づかないふりしてた・・・かも

 

でもちゃんと、言葉にして言ってくれたとき・・・同時に

彼既婚者だって知ったのでした。彼は、逆にみんな知ってるから、

まさかわたしがそんな風に思っているとは・・・思わなかったみたい。

 

彼が既婚者と知り、わたしは自分にブレーキをかけました。

彼にもその気持ち、伝えました。

 

わたしが結婚していることも知っていて・・・

ダンナとうまくいってないこととかは、彼は知らなかったけど

奥さんいるのに、近づいてきて期待させるような事して、

悲しい、って。あなたもダンナと一緒じゃない😢って・・・

 

わたし、彼の奥さんと同じ立場にいるんだよ!?

どれだけ傷つくか・・・一番わたしが知っているのに・・・

これ以上、あなたと仲良くなるなんてできないよ😥

 

どうしても一度だけ仕事以外で会ってほしいと・・・何度も断ったけど・・・

ある時、もうバイクで家のそばまで来ているって・・・

わたし、ついに・・・会ってしまいました。一度だけでいいから

 わたしももう、どうしようもなく彼に惹かれ初めていたから

自分の心にブレーキををかけることが、どうしてもできなかった。

 

この気持ちは、ダンナに対する報復なのか

ダンナに同じ思いをさせたいからなのか

そもそも恋愛なんて、錯覚に陥るみたいなものだし

今の気持ちが本物かどうかなんて関係ないかもしれない。

 

その瞬間感じたことがすべて、だと思うから・・・

不倫って、やっちゃいけないことだから燃え上がる部分もあるんでしょ?

こういうことなんだね・・・

ありとあらゆる言い訳を思い浮かべていました。

 

彼と会った瞬間にはもう、抱きしめられていました。

その強引さにわたしはもう、全てをあずけていました。

言い訳は一つ残らず消えていきました。

 

こんなわたしでも誰かに求めれたうれしさと、幸せでいっぱいだった。

ダンナの不倫で傷ついたこと、彼に奥さんがいること、

その時はなにも考えられなかったです。

 

続きはまた書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方向転換期

インターバル

不倫発覚後、離婚を決意するまで・・・本当に突っ走ってきたと思います。

初めて気づいてしまい眠れぬ一夜を過ごし、探偵事務所に電話した当日

雨の中突然行くことになり、とんとん拍子に(というのだろうか・・・)

頭がついていかないまま、高額の契約を結んでしまった。

 

その反面、完璧な証拠集めとものすごい行動力だった思う。

探偵の料金は果たして適正だったのか・・・だまされたのか

いまだにわからないけど (^▽^;) もういいや!

ダンナが慰謝料として、探偵に払った135万円払ってくれるし!

 

やっと今立ち止まって、はたしてこのまま離婚して、本当にいいの?

自問自答したその日でした。きっかけは、ダンナが突然

3泊4日の北海道旅行を計画したのです!!スーパー銭湯に家族で行って

食事をしながら聞きました。いままでただの一度も自分から旅行の計画を

たてて誘ってくることなんて、なかったから・・・

償いなのか?そしてやり直したいという気持ちの表れなのか?

聞いてみると、北海道地震の後だから観光でお金を使う復興支援だと

言うのです😅はぁ~っ、と思うでしょうが、

こういうこと言う人間なのです、元々。

ウソでもお詫びです、って言えばいいのにね・・・

うんうん、復興支援も大事だと思うしね!!

 

にしても・・・北海道3泊4日旅行・・・素直に心がウキウキ弾んだ(^^♪

わたし、おかしいですかね・・・こんなことがあっても、

家族旅行が楽しみなんて・・・離婚話進めている最中なのに、ね(;^ω^)

しかもこの旅行、ワンコも一緒に行けるフェリーの旅というのです!

久々に楽しみができた!それに何より、ダンナが提案して、計画たてて

引っ張っていく姿勢を見せてくれていることが・・・嬉しかったのだ。

今さら・・・とも思ったけど、9割楽しみな気持ちだった。

 

それから一緒になって旅行の計画たてるうちに、

あれ?わたしたち、離婚する必要、あるの?そもそも何があったんだっけ?

わざわざシングルマザーになって、極貧生活を選ぶ必要あるの?

娘が嫌がっているの知っているのに、幼稚園辞めさせて、

お父さんから引き離して、昭和に建てられた古い市営住宅に引越して

薄給のダンナから月々8万もらって、

父の老後資金、予定より多く使わせることになりそうだし、

こどもに習い事あきらめさせるかもしれないのに・・・

 

本当にそんな多くの犠牲を払ってまで、離婚したいの?

そもそもわたし、だんなのことそんなに嫌いなの?

自問自答が続く・・・

もうすでに、嫌悪感は薄れ怒りも治まっているのでは?

わたしの得意な、ま、いっか、ってなってない?

 

ひとつだけ・・・あの彼女とは本当にもう連絡とってないのかな?

不倫、終わったの?

ダンナ、わたしと別れたいの?別れたくないの?

そこのところ、ちょっと自信ない・・・

 

わたし、離婚しないでも・・・いいんじゃない?と思い始めてた。

 

離婚しないという選択

離婚という決断、今する必要はあるのか。

自分の気持ちが、決意が、嫌な気持ちがこんなに薄らいで、

平和な状態になる日が、こんなにも早く訪れるとは思わなかった。

 

正直、娘の卒園まで待ってもいいかも?

待つというか・・・ダンナの決断の時を、待ちたいのだ。

 

たぶん、離婚して住むところや仕事が変わることによる、

自分自身の心にもたらす、何らかの変化を期待しているわたし。

だけど環境変えずとも、わたしの気持ちを生き方を変えることの方が

大事じゃない?心だけ変えることの方が・・・

ずっとずーっと難しいかもしれないけどね。

 

それでも気になるのは、ダンナの心ってそんな簡単に切り替われるの?

彼女とのこと、本当に終わらせられたの?

だけどもう、そんなちっぽけなこと、どうでもいいのかも。

自分の心をしっかり持って、自分がしっかり生きていればいいんじゃない?

 

おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きなさい、でしょ?

不倫問題さなかの誕生日

自分の誕生日に思う事

その日わたしは誕生日でした。

誕生日って子どもの頃はうれしい日でした🍰

だってケーキとジュースが出てくるから😋

うち、母親の主義だったのか普段から冷蔵庫にジュースが

常備されているような家じゃありませんでした。

ケーキ食べられるのも、3兄弟の誕生日とクリスマスの年4回。

とても貴重な日でした。プレゼントは・・・クリスマスだけだったかな?

 

単純に・・・あまり裕福でなかったのでしょうね😁

だからこそ、誕生日の喜びが倍増だったのでしょう♪

自分でケーキ買って、食べられるようになった今、

あの頃ほどおいしいケーキとジュースに出会えることは

無くなりました。どちらを「しあわせ」と呼ぶのでしょうね。

・・・どっちも、しあわせ💕ですね。

 

わたし高校3年18歳の時、先天性の脳血管の病気から脳内出血で倒れ手術。

半年の入院生活を経験しました。その後右半身麻痺の長いリハビリ生活が数年・・・

先天性の血管奇形の為の放射線治療、それに伴う検査、入院。

わたしの青春時代は病気と共にありました。

 

なので、水泳の池江璃花子選手、18歳白血病の公表を見て

他人事ではありませんでした。病気も違うし、

オリンピック候補の彼女の華々しい人生とはかけ離れていますが

病気によってあきらめなければならない、18歳の気持ちや辛さは解ります。

彼女が水泳界に帰ってくることを望まずにはいられません。

 

その病気と闘っていたころ、ちょうどわたしの母が、

今の自分と同じ年くらいだったんだな~としみじみ思いました。

母はもうこの年で上はハタチの子がいたのだな・・・

おかあさん、わたしこんな状態でもうこんな年になっちゃったよ😭

 

色々あるけど、わたし、18歳で人生終わらないでよかったな・・・

生きているだけで、有り難いことなのです!

どこも痛くなくて、どこも苦しくなくて・・・

健康で生きていられること、それだけでなんと有り難いことか。

こんな事でくじけていられないと・・・改めて思いました。

 

ダンナからのプレゼント

その日、ダンナはケーキを買ってきてくれました。

義務感からでも罪悪感からでも、なんでもいいけど・・・

とりあえず嬉しかったです。忘れていなかったことが。

普通、ふつうって何かわからないけど・・・

夫婦で誕生日プレセント送りあったりするのかな?

アクセサリーとか・・・もらったら嬉しいのかね?

わたし、そういう物、もらったこと、ないな・・・

一度だけ、プレゼントもらったもの・・・

洗顔せっけん 茶のしずく!5個セット!!色気もなにもないけど

普段そういうことしないダンナが、プレゼントしてくれた、

という事実が嬉しかったのを覚えています。

 

ちなみに、わたしからは・・・

ダンナにほしい物、って聞いても毎回何もない。って言われるから

ダンナの好きな、ケーキやクッキー、シュークリーム、などの

手作りお菓子のプレゼントしかしたことありません。

物欲があまりない、という価値観は一致した夫婦でした(^-^;

そして毎回、愛をこめてカードはつけていました。

ダンナがそのカードを毎回、あの例の(スマホを隠した大事な物しまう

テレビボード引き出し)にしまっていることを・・・わたしは知っていました。

単に捨てられないだけだったのか、大事にしてくれていたかは、分からないけど。

今回の不倫騒動で、わたし、ここにしまってあるそのカード全部

衝動的に処分しました・・・自分の気持ちがこうも簡単に

踏みにじられて続けていた事が・・・悔しかったからです。

 

思い出してこういう事書いていると・・・

決してどちらも血も涙もない人間じゃない、って思うんだけど😭

どうしてこんな風に、糸がこんがらがってしましたったのだろう😭

夫婦って・・・難しい。結婚生活って・・・難しいです。

 

秋の気配

気づけば不倫問題に振り回されているうちに、季節はすっかり

夏から秋へと移り変わっていました。

そんな秋の空を眺めるうちに、わたしの心も穏やかになりつつありました。

多分?ですが、ダンナのお相手が外国人女性だったこととかも

現実味を薄れさせてと思います。なんとなく・・・

もうすぐ離婚するというのに・・・なんなんだろう、この心の落ち着きは。

離婚して父の住む田舎で、大自然の中 娘とワンコたちと暮らす・・・

 

わたし、元々こういう生活・・・望んでいたのだな。

 

この頃の娘の様子

子どもには少しずつ、明確な言葉では言わないけど・・・

もうすぐ田舎でおじいちゃんと暮らすよ、とは言い始めていた。

幼稚園のお友達にも、引っ越すんだ~と明るく話しているみたいだった。

 

本当はお父さんとも、友達とも離れたくないはずなのに、

わたしが・・・その気持ちを抑え込むように

「お母さんとワンコと3人で、おじいちゃんの所へ行こう」

と言っちゃってるから・・・多分、さびしい気持ち

口に出したらいけないと思ったのでしょうか😢

そう明るく話すことで、自らを奮い立たせているようにもみえました。

 

ごめんね、娘。

だけどこの経験が、あなたの強さと優しさになってくれると信じ

わたしとあなたで前を見て、笑って生きて行こうと思います。

ついてきてね!あなたがひとり立ちする日まで・・・

 

不倫問題さなかの盆休み

実家に帰省

だいたいそういうものかもしれませんが、わたしの父とダンナ

そりが合いません。あ・・・嫁姑はそりが合わないの一般的だけど、

男同士の方は、あまり言わないですよね?ですけどうちの場合

ダンナと父は、全く合わないようです(*_*; 

 

うちは母、という潤滑油?もありませんので、取り持つのはわたし。

もういい加減しんどいので、実家に帰るとき

ムリにダンナを連れていかなくなっていました。この3年くらい。

その帰省中、お盆休みとお正月の数日・・・

ここがダンナにとっては彼女と自由に会える夢の時間だった訳ですが(;^_^A

知らぬが仏、知ってしまってた今回も仏?の顔で、ダンナ残して帰省しました。

 

毎度のことですが、ダンナ、私たちをダンナ会社の最寄り駅まで

送ってくれる。ここから電車に乗るとわたしたちもラクなのです。

このことも、感謝していたのだけどな・・・

ダンナは一秒でも早く、実家にわたしたち帰したかっただけだったんだな😥

 

あの年のお盆も、お正月も、あの時も、この時も・・・

ずっとずっと、あの人と過ごしていたのだな・・・😭

その間、写真付きでいっぱいラインくれてたのは、

疑われない為とういうか、気づいてもなかったけど・・・

何かあった時の為の根回し?というか保険かけてるみたいな感覚だったのかな😥

わたしはわたしで、何日も留守にして悪いな~

快く実家に行かせてくれてありがとう!なんて😥思っていたのですから

ダンナからしたら、ちょろかったでしょうね😭

 

今回の帰省中、市営住宅見学してきました!!

やれることはやっておかないと、ね!

それととても大事な公正証書!!実家でヒナガタ完成させてきました。

今の時代、なんでもかんでもインターネットで調べられますから

難しそうに思えますが、わたしでも作れました!

でもね、これ後から分かったのですが・・・

ここまで作り上げる必要、なかったです(>_<)

 

箇条書き程度で、作っていけば公証人役場の方が仕上げてくれます!

でも私は結果、作ってみたことで気持ちが固まったし

何より、私以上に無知なダンナより、自分に有利に条件を持っていけました。

お堅い文章を、書面にしたことで、

ダンナちゃんと読まず条件飲み込んでくれた😝

細かい字で長々書いてある、取り扱い説明書、皆読まない感覚😝

これも、人生勉強になったな~後から思えば・・・

 

実家から自宅へ帰る

帰りもダンナ、会社近くの最寄り駅まで迎えにきてくれます。

当たり前のようだけど、子ども小さいとこれだけでも、ありがたいのです。

ちょうどその日は、その駅周辺お祭りの日で、渋滞してたけど

家族三人、ちょっと祭りなんか見ちゃったりして・・・

こういうことしていると、ほんと、この一連の出来事が夢だったのでは

そんな感覚に陥ります(^-^;

 

車内で、娘が眠ってしまったので、久々に夫婦で話しをしました。

わたしはわたしで、ダンナに不倫されてもそれでも好きだから

許すって言ったのに、ダンナに好きな女がいるから別れてくれって

言われた女、イコールわたし。と思っていました。

 

ダンナはダンナで、わたしが公正証書だ、養育費がいくらだ、って

公的なことどんどん進めていくから、自分の気持ちどうこうじゃなく

もう離婚という方向で決まりだと思っていたらしい・・・

その方が、俺ラクだしね、いつも通り流される方がラクだからって

そんな気持ちも垣間見えてしまったけどね(言いはしなかったけど)

 

「離婚しよう」という最終決断は下してほしいと、わたしは頼んだ。

だって・・・どっちにしろそれを受け入れるしか道がないのだとしたら

もし離婚になってもわたしが下した決断でなければ

なんで離婚するって言っちゃったのだろう、って後悔しないで済むから。

離婚したいって言われたから、離婚するしかなかった・・・

その方が救いがある気がしたんです。

 

でも今はもう一緒には暮らせないね、という意見は一致した。

離婚という事実に追い込まれ、ダメな自分をお互い変えるチャンスなのかもね

これくらいショッキングな事がないと、人生変えられないしね

文句とか愚痴とか言ってるヒマがないくらい、忙しく充実した人生に

変わるチャンスだね!今までゆる~く、適当に生きてきたからね、お互い。

 

一緒に暮らさなくなって、書類上で他人になっても

心が繋がっている関係の方がよっぽどいい・・・離れたら心も離れちゃうのかな

 

ただ・・・娘がね😥

事情は分からないながら、必死でダンナとわたしの仲を

取り持とうするんだよね・・・間に入って手をつながせようとしたり・・・

子どもって・・・すごいね・・・

お母さん、あなたに会えて、ほんとよかったよ😭

それだけで、こんなことになったけどこの結婚、間違ってなかった!

って思えるよ!本当に本当に。

だから心配しないで!どんなことになっても、あなたの事は守るから😭

 

 

今現在元ダンナとの関係

テレビ電話

元ダンナが休みの日にはなるべく、娘がパパに電話するようにしています。

昨日は珍しく?向こうから写真を送って~とラインがきて

ここのところ娘の保育園準備やら、わたし仕事が始まる準備やらで

バタバタして連絡していなかったのです。

 

娘、パパと久々のテレビ電話です。

楽しそう、嬉しそうに最近の出来事を話しています。

不意に、娘・・・

 

「おとうさん、おかあさんのこときらいなの?」

「(;゚Д゚)・・・何で?」

「ねえぇ~?おかあさんのことすき?」

「(;゚Д゚)・・・何で?」

 

何でじゃないでしょっ?!(^-^; 子どもの前だし・・・

適当に、うん、とかスキとか言ってよ・・・こういう時なんて答えるのが正解なの?

だけど、わたしだったら・・・なんて答える?う~ん(^-^;

子どもはきっと、好きって答え求めているんだろうから、好きだよって言うのかな?

 

日々生活に追われているところ、徐々に元ダンナのこと

忘れ初めている自分に気づく・・・好きとか嫌いとか、腹が立つとか・・・

そんな感情さえ、どんどんなくなって行くのだろう~。

 

それなのに、むすめとパパとのやり取りを聞いて

(テレビ電話だから聞こえちゃうんだもん)軽~く傷ついているわたし😥

ウソでも、好きだよって言葉が聞きたかったのね、わたし😥

元ダンナからの「好き」じゃなくてもいいのかもしれません。

離婚して2か月過ぎて、バタバタ用事を片づけながら

自分の感情とゆっくり向き合う時間も余裕もなく、今日まで来ました。

少し立ち止まって、考える時間、余裕が出来たってことなのかな?

 

わたし・・・誰かに「好き」って言われたい💖誰かに「好き」って言いたい💖

って思った今日でした。

 

 

 

9回目の結婚記念日

朝の一波乱

結婚してまる9年。 こんな形で結婚記念日を迎えるとは・・・ね。

わたしは仕事休みで、ダンナいつもより45分も早く出勤しようとしている。

久々に不信感があふれて、

「どうせ(彼女の妹が残って住んでいるであろう)

       マンションいくんだろっ!」

と朝からケンカ腰で怒鳴ってしまった。言わなきゃいいのに😥

大好きな彼女のかわいい妹がたった一人、日本に残っていたらほっとけないよね?

本当にいるかもわからないけど、本当にマンションに行くかも不明。

 

「行くの?行かないの?もう何を言っても

             信用できない!!」

「本当に何もなくても、この先こういう風に

           疑われ続けるんでしょ?」

 

とダンナは言って、出て行った。

あ~・・・こういうの、絶対言ったらダメなヤツじゃん・・・

こういう態度も・・・分かっているのに・・・離婚するとき不利になるって。

もっと賢く、冷静にやらなきゃダメだって(>_<)

おとな~しく、ひっそりと、水面下で離婚に向けての準備、

するって決めたじゃん!!耐えるんだ~わたし!!がんばるんだ!!自分!!

 

ダンナが出て行った家にひとり取り残され、ぐったり・・・

怒りってものは、本当に消耗させられると実感します。

娘、幼稚園行った後でよかった・・・それだけが救い😭

 

午後、ダンナからライン

今日で9年、お疲れさまでした。取り返しはつかないから、

ここから先、出来る限りのことはしていきます。

 

わたし

これからは、違う意味で色々よろしくお願いします。

 

ダンナの気持ち、分からない・・・

取り返し付かないことして、後悔しているの?

それとも、離婚してそのあとのできる限りの事をするって意味?

意味がピンとこないのに、少しうれしい気持ちになっている自分に

ちょっと嫌気がさすけど・・・しょうがない、これが正直な気持ち。

 

というかダンナの一挙手一投足に、今なお振り回されている自分に気づく。

離婚の準備しながらも、まだしがみついた手を放していない。

自分でも、わからないのだ、決められないよ・・・

どうしたらいいの😭

 

救いの手

夕方、近所の住んでいて、一緒に働いていたこともあるわたしにとって

お母さんのような存在の方がいるんだけど・・・

離婚騒動を聞きつけて、うちに来てくれました。

ケーキを持って・・・😌話しも聞いてくれて・・・

嬉しいのとありがたいのと、情けないやらで、涙が出てしまいました。

 

家族ぐるみでお世話になっていて、お父さんは今末期ガンで入院中。

わたしの事なんか、気に掛ける余裕もないはずなのに・・・

わたしも一番相談したかったけど、状況知ってるから心配かけたくなくて

言えなかった人なのです😭作戦会議に参加の同僚から、

話しが伝わったそうです。

 

思えば結婚生活の中で、もともと6年位ダンナ家族と同居していました。

この嫁姑問題もいつか書きたいです😖

同居で苦しんで、家飛び出してその時助けてくれたのも

このお母さんお父さんでした。今回もまた結局頼ってしまう・・・

妊娠、出産のときも、母をすでに亡くしていてわたしにとって

本当に心強い存在でした。このご恩、いつか返したいです😭

人によって傷ついた心は、これもまた、人、によって救われる・・・

人ととの繋がり、大切にしたいです!

 

この話しの中で、公正証書について聞いて・・・

ちょっと調べてみよう!と思いました。

 

 

 

 

2018年6月ダンナの不倫発覚から12月離婚成立までの記録と 2019年の幕開けと共に始まった、父、私、娘、犬2匹との田舎暮らしを リアルタイムで綴っていきます。

離婚後の仕事に向けて

介護の仕事

不倫発覚から約1か月が過ぎたこの頃には、わたし離婚後のことを

具体的に考え始めていた。まずは実家にしばらく置いてもらって

仕事を決めて・・・仕事は土日休みが第一条件だな。

娘を父親から引き離すのだから、土日の2日間は娘と過ごすこと。

実家近くに確か市営住宅があった!あそこに申し込んで・・・

仕事、どうするかな。観光地近いから、そういう系の仕事も興味あるけど

それだと土日休めないか・・・う~ん、介護の仕事飛び込んでみるか。

 

とりあえず、今の自宅の近くでパートの休みの日だけでも

働いてみよう!!動き出さないと、何にも始まらないからね!!

精神崩壊、とかいってるヒマないよ!!わたしが娘を守っていくんだから!!

自転車で15分くらいの場所のデイサービスで、職員募集してる!

介護業界は常に人手不足ですからね。

 

学生時代に機会があり、ホームヘルパー1級の資格を取りました。

その時の現場実習で、少々怖気付き、介護現場で働くことなく

今日まできました(^-^; そろそろ・・・挑戦するときなんじゃないの!

 

当然?!即採用になり、1週間後には働き始めたのでした!

面接に行った時点で、不安が増すようなことは幾つもあったのですが

もうやるしかない!前を見て進むしか、わたしの道はないのですから。

 

デイサービス初出勤

何事も初めてのことって、緊張するな~ドキドキしながら入りました。

初めはとにかく、利用者さんの顔と名前を覚え、様子を見て

話しをいっぱいして、と言われた。おしゃべりなら得意よ!!

おしゃべりすれば顔も名前も覚えられるしね!まかせて、まかせて✌

張り切って挑みますが・・・会話にならない😱のです。

今通ってられる利用者様、全員認知症とのことでした。

何度か通ううちに慣れてくると、会話を成立させるだけが

正しいとは限らない。ありのままを受け入れ、彼らの人生を尊重すること

ひたすら否定しないこと。それでいいと(賛否両論ありそうですが)

わたしは思いました。そうすることによって自然と利用者さんとの

付き合い方も分かってきたのでした。

 

ご飯を食べ、薬を飲み、トイレにいったり、入浴したり、

時には買い物へ行くことも、歌ったり、体操したり、脳トレしたり

一緒に時間を過ごすことが、ここでの仕事でした。

と書きますとキレイごとに聞こえそうなので・・・

ひと言で表しますと・・・💩との格闘の日々でもありました(^▽^;)

生きるとは、すなわちそういう事なのだなっ(^-^;

 

時間がたつにつれ、人間関係が出来上がってくると、

不思議なもので💩に対する抵抗感も薄れてきたのでした。

情?が湧いてきたからかもしれません。

そして一緒に働くスタッフにも・・・本当に恵まれたのだと思います。

 いつしかこの場所は、ダンナの不倫に疲れたわたしにとって

オアシスにもなっていったのです。オアシスについてはまた今度!

 

 

 

弁護士に相談する

法テラス

こんなことになるまで弁護士とか探偵とか・・・ドラマの中の世界の話しでした。

でも、これが現実なのです・・・しっかりしなきゃ😰

自分を奮い立たせるためにこの頃考えていたのは・・・

 

いつかこの出来事をマンガ化、小説化 決定!!

小学生高学年の時の将来の夢は、小説家でした。

赤川次郎大好き小学生でした。

だって面白すぎるでしょ、わたしの泥沼人生😭

 

わたしの生きた証を残せるなんて😭素敵じゃないの😭

基本ポジティブな方なので・・・それでもだいぶ落ち込みましたが

なんとかなんとか前を向こうと、もがいていた時期でもありました。

 

法テラスのことは、弟からのアドバイスでした。

弟、お勉強は苦手だったけど、何と言うか社会に出てから強いタイプ?

世渡り上手というのでしょうか。とても頼りになる存在です(*^^)v

 

誰でも無料で1回30分程度3回まで、法テラスと契約している弁護士さんに

相談できるシステムです。わたしは子どもも小さいので、

自宅からできるだけ近くて、女性の弁護士さんに絞って検索し

選ばせて頂きました。急いでいる旨を伝えると、

わりとすぐに相談の予約を取ることができました。

 

弁護士さんと会う

わたしが訪れた弁護士事務所には、キッズスペースがあり

子連れには本当に助かりました!!女性弁護士を希望したのももちろん

不倫された女性の気持ちを、男性に分かってもらうのは難しいと

思ったからです。それにこの頃、極度の人間不信になっていました、

特に男性。

 

わたしが相談したかった内容

  • 結婚前の貯金って共有財産にはならないみたいだけど、

   もう古い通帳ないので、いくらからが結婚後かわからないのだけど?

  • 家のローンの返済、負の財産のことってどうなるの?
  • 慰謝料を消費者金融に借りるみたいだけど大丈夫?
  • 共有財産でいったら、わたしのパート代も分割されますよね?
  • 口約束で慰謝料、養育費払うって言ってるから裁判にはならない?
  • そうしたら弁護士もなしでいいのか?

 色々考えてから弁護士さんにあったはずだけど・・・

正直答えをあまり覚えていないのです (^▽^;) 

この時の事。精神崩壊してたから。ほとんど記憶がないです💦

 

ただ、ダンナの了承した金額を書面で残してくれたから、

これ以上の財産分与などを請求しないで(おとなしく!?)

和解する方が得策かもしれません、と言われたのだけははっきり覚えている。

 

担当の弁護士さんはどう見てもわたしより、かなりお若く・・・

やはり人と人といいうのは相性もあるので・・・

運よくピタッとくる方に当たるといいですね!としか言えません。

もしくはもっと条件を絞って、法テラス弁護士さん探すのも大事かも。

でもとにかく、わたしと同じ状況に置かれている方ってだいたい、

余裕なくなっていると思うのです。じっくり・・・選びたいところですが

難しいですよね。

 

わたしの場合は、金銭面でもめてはいなかったので

これぐらいの法テラス利用で十分でしたが、弁護士さん選びは

結構重要だなと感じました。

だから人気の、予約の取れない弁護士さんとかがいるのでしょうね!

わたしには合わないけど、あなたには合う、もあるでしょうしね。

とにかく一度は会って話さないと選べないと思いました。

無料!!ですしね。それだけでもホントありがたいです!!

 

 

 

 

 

 

わたしの精神が崩壊した

崩壊の予兆

ここまで自分で書いていても、読まれている方も・・・

わたしって随分冷静だと・・・思いませんか?

自分でも、わりと取り乱すこともなく、一つずつ対処してきたと思います。

だけど・・・それは・・・冷静だったのではなく・・・

 

現実を受け入れられず、ピンと来ていなかっただけ

 

だったみたいです。

崩壊の直前

この日は土曜日でした。朝食は穏やかに、家族揃ってしっかり食べました。

ひとつ、ダンナがテレビばかり見て食卓を向かず、後ろ向きで食べるので

注意はしましたが・・・だってそれじゃ、

子どもに注意できない!!でしょっ💦ちゃんと食べなさいって💦

 

朝食後、ダンナは最近きている土地活用の投資?

だかなんだかの営業マンと外出していった。

お昼に帰って来たので、家族でそうめんを食べ・・・

コーヒーとバームクーヘンでお茶しました。家で。

それから家族で買い物。ここまで書いてても、なんて平和な家庭?

ですよね・・・こんな状況なのに・・・何なんだこれっ?

 

実は、ダンナの不倫発覚以来、50日くらい生理、止まっていました。

それが、今朝!!生理、きました!!女性の心と体は直結しているな~

と改めて実感しました。ダンナに突き付けたことで

ダム?が決壊したようなイメージです。

 

ちょっと待てよ・・・ダンナ、不倫したこと認めたのに・・・

ひとことも謝ってないよね?そしてその後、何にも言ってこないけど・・・

何なの、これ?何平気な顔して日常生活送ってるの?

 

    💣💣🌋🌋🌋🌋💣💣

 

夕食食べて、普通に外出て行こうとするから、

 

「逃げるんじゃないよっおいっ😡」

 

車に行っただけみたいだった・・・こんな時に車でどこいこうと??

怒鳴ったわたしから逃げるように、車を置いて出かけてしまった。

 

この時がわたしの精神が崩壊した瞬間だ・・・

 

腹が立って、悔しくて、悲しくて、どうしようもなくなって

車に向かって、玄関付近にあったダンナの持ち物を次々と投げつけた、

下駄箱の中の靴全部、傘、などなど・・・

ダンナにふとんも1階にあったから外に放り投げた。

 

極めつけに、不倫旅行に持っていった弁当箱を投げた。

これが一番投げつけたかった物かもしれない。

外につながれたワンコが、おびえたような目でわたしを見た😥

そこで我に返った😰😰

 

泣きながら弟に電話した😭話していたら少し落ち着いてきて・・・

弟に、投げつけた物、片づけるよう諭された。

こんな虚しい作業が他にあるだろうか・・・😭

何とか元通り?(^▽^;) 片づけた。ダンナが帰ってくる前に・・・

 

ダンナが帰ってきたので、離婚話、本格的に決めることにした。

貸したお金の返済の件、養育費と慰謝料・・・

具体的な数字を書いてもらい、署名捺印してもらった。

養育費・・・

「10万円!!!

「そんなに払えない😨」

「8万円!!!」

「ちょっと💦それも・・・」

「5万円!!!」

「わかった」

 

最初から少ない金額言うのより、初めからムリだと分かっているような金額

まずふっかけて?徐々に下げる方が通りやすいですよ!!

人間の心理として。わたし最初から5万円が妥当だと思っていましたから😝

 

後から分かったけど、こんな手書きの書面だけじゃ

あまり意味はないみたい。公正証書についてはまた後ほど。