不倫されシングルマザーになったのに幸せです♡

サレ妻が離婚してから立ち上がる方法

サレ妻が恋に落ちた話①

2019年2月18日 初出勤

行ってまいりました!!シングルマザー出動です!!

雪山を眺めながらの車通勤です。どうかこの冬、もう雪が降りませんように😓

それにしても、こんな山奥で働くことになるとは・・・思いませんでした😅

だけどわたし、そんな自分の意外な人生が、悪くないな~って思っているんです!

こんな大自然の中で育つ娘・・・どんな子に成長するか楽しみです(^^♪

 

ママ友との事を書くかどうか迷ったのと同様、

書くべきか迷っていた事があります・・・ですが・・・

今日とても書きたくなりました。

これを書くことは、もしかするとわたしのブログのテーマ自体を

根底から覆すことになるかもしれません。

同志であるサレ妻を・・・傷つける内容になるかもしれません。

わたしは、サレ妻の味方になるために

このブログを立ち上げたはずなのに・・・

書かないという選択もありましたが、こういう考えで

こうやって人生の決断をしてきた事実を、ぜひ知って欲しいです。

 

それから、わたしが介護の仕事に踏み出した後、

今日こうして新たな場所で、その仕事を選ぶきっかけになったことだから・・・

背中を押してもらった日々のこと・・・恐れず書かせて頂きます。

 

以前の介護現場

信頼していた大好きなダンナの、まさかの裏切りから悪夢のような2か月を・・・

毎日どのように乗り切ったか、今となっては思い出せません。

「離婚」の2文字を考えてからの、わたしの行動は我ながら速かったです!!

本来わたしのんびり人間なのですけどね。

介護という職種を選び、8月にはもう一つパートの仕事を始めていました。

 

近所で、もしもの時は子連れ出勤OKという・・・なんとも有り難い条件!!

わたしもこのタイミングでよく見つけた!!

普通の一軒家を借り上げ、15名のお年寄りを看るデイサービスなのですが

家屋は古くてボロボロ・・・決してキレイで清潔な環境ではなく

定員オーバー気味で部屋はギュウギュウ・・・まだ若い所長は

ここは完全にブラック(企業)だわ・・・って言っちゃうような所でした。

 

潔癖症寄りのわたしには・・・うううわぁ~(;^_^A こんな所で

わたし・・・やってけるの~(^-^; って思いました。

不安だったのですが、働くうちに職員はフレンドリーな人たちばかりで

若手が多いせいもあったのか、明るくノリがいい感じで

大変な仕事を笑いに変えていく力?団結力?ってすごいと思いませんか?

 

わたしの恋愛話

そんなこんなで働き始めて2か月過ぎた頃・・・大雨の日でした。

不倫問題に悩むわたしに、こんな出会いが待っているとは、

思いもしませんでした。他の施設から異動でやってた彼・・・

ずぶぬれで・・・大雨なのにバイクで通勤(^^;)

ヘルメット片手に眼鏡もびちょびちょ・・・それが「初めまして!」でした。

 

週1で会うか会わないかだったので、最初は接点なかったけど・・・

みんなに「イケメン」って言われていたね。

わたしはダンナのことで頭悩ませていた時期だから、

周囲を見回す余裕もなく・・・あまり意識はしてなかったです。

 

なぜかサッカーのユニフォームが、彼の定番で・・・服装自由だからね💦

ま、元サッカー小僧で、サッカー好きなのだろうと、誰が見てもわかる😝

 

わたしが20代後半の時、フットサルブームで・・・

会社のメンバーでチームを作って活動していました!!

懐かしい~楽しかったな~💙おそろいのユニフォーム作って

背番号と名前入れて・・・わたしは病気の後遺症で足が悪いから

マネージャーのはずだったけど、人数足りないからって・・・

ゴールキーパーやらされて(^▽^;) でも楽しかったな~

 

彼のユニフォームみて、その時代がよみがえってきた訳です。

高校時代初めて付き合った男子も、サッカー部だったなぁ・・・

わたし学生時代からのクセ?で、つい

ユニフォーム姿にクラッときちゃうのかも。

 

ほらわたし、病気で青春時代失っていたから

チョット遅めの青春時代取り戻しているみたいな、感覚だったのかな。

コート借りて練習したり、大会に出場したり・・・本当に楽しい思い出。

 

そんなきっかけでサッカー話から、彼と話すようになりました。

見た目チャラくて、介護の仕事なんかできなそうなのに(偏見💦)

その仕事ぶりに目を奪われました。介護って、対、ヒトの仕事だから

その触れる手だったり、かける言葉だったりに、その人となりが

ものすごく表れると思うんです!!その優しさが、彼の介護から伝わったのでした。

 

介護未経験のわたしに、年下の彼は丁寧に仕事を教えてくれました。

移乗とか入浴介助とかの技術はもちろん、その心構えやお年寄りの立場に

たった気持ちの寄り添いとか・・・

自分のモットーみたいなもの、教えてくれました。

 

みんなに好かれていたから、女の子たちとも飲みに行ったりしてましたね。

気にも留めていなかったけど、そのころは・・・

 

ある日、わたしのことも誘ってくれました。

でもわたしはその頃、それどころじゃなくて💦断っちゃったけど・・・

仕事中もよく話しかけてくれて、わたしのお年寄りに対する接し方とか

優しくていいね、って言ってくれて・・・

 

ある日仕事終えて帰ろうとしているわたしに・・・

「この中で、あなたのこと、一番スキです!!」と言ってくれました。

わたし、仕事ぶりを認められたような気がして・・・うれしかったです。

それからは他の子がいるときでも、恥ずかしげもなく

「かわいい!!!」とか わたしのリアクションに「きゅんと来た!!!」とか

「ハグしたい!」とか・・・(;^_^A

 

わたしはわたしで、も~う!!またからかって~😤 

アラフォー女をからっかて楽しんでるでしょうっ!!

って思って対応してました😤 だけど不思議とそんなイヤ気はしませんでした😌

そんなからかわれることさえ 久々で、新鮮でした。

 

「あなたの手の触れ方(お年寄りに対する)、優しくてスキ!誠実さが伝わる!」

って、仕事中真剣な顔で言ってくれていたから。嬉しかった。

これでいいんだ、って思えたから。もっと介護の勉強したい、

もっともっと色々出来るようになりたい!!って思えた。

 

ダンナにわたし、「かわいい」って言われたこと、あったっけ?

単純だけど、女ってこういう事、言われたいんだよね(;^ω^)

 

ダンナの不倫問題で、傷ついて自信なくしていた日々に・・・

ひとすじの光が差し込んで・・・「かわいい!」って言ってくれたひと言に

女としてもうダメなんだと思っていたわたしの心は・・・どれだけ救われたか。

 

そのあなたの扱いに・・・もう会えなくなっちゃった今も、

現在進行形で励まされ続けています。介護の仕事も続ける自信をくれました!

 

一気に距離が縮んだ日

ある時、少し髪型変えていっただけなのに・・・気づいてくれて

「髪の毛、おろしてるのも、かわいいっス!」と言ってくれました。

またまたからかうの~(^-^; こんな喜ばせて!!本気にしちゃうじゃないか!

それにしても、年上女の扱いを心得ておるのぉ~(^-^; 警戒(^-^;

そんなに言われていたら・・・本気にしちゃうよ~(;^ω^)

にしても・・・ダンナ、わたしが髪型変えたとき、気づいてくれたっけ?

 

入浴介助の後には、腰痛くない?って心配してくれて

その時初めてラインのやりとりをしました。グループラインはしてたけどね。

 

その後、わたしが離婚を決め、引っ越すため年内で

この仕事を辞めることを伝えた。それがきっかけで・・・

ラインのやりとり毎日するようになりました。

それまで、ダンナのこととか何も言ってなかったので・・・

ビックリしていて、辞めることにもショックを受けてくれたみたいです。

 

思えばわたし・・・勝手に彼のこと(見た目で)独身だと思い込んでいて

というか全然結婚してる感がなくて・・・若いし・・・

疑いもしなかった、結婚しているなんて・・・

 

その前にもう・・・好きになっちゃってた・・・

彼はわたしのこと・・・前々から気づかないふりしていたけど・・・

思ってくれていたそうです・・・何で??こんなわたしを??

アラフォーだし・・・年上だし・・・そんなわけないじゃん、って。

信じられないし、傷つくのが怖くて・・・

わたし気づかないふりしてた・・・かも

 

でもちゃんと、言葉にして言ってくれたとき・・・同時に

彼既婚者だって知ったのでした。彼は、逆にみんな知ってるから、

まさかわたしがそんな風に思っているとは・・・思わなかったみたい。

 

彼が既婚者と知り、わたしは自分にブレーキをかけました。

彼にもその気持ち、伝えました。

 

わたしが結婚していることも知っていて・・・

ダンナとうまくいってないこととかは、彼は知らなかったけど

奥さんいるのに、近づいてきて期待させるような事して、

悲しい、って。あなたもダンナと一緒じゃない😢って・・・

 

わたし、彼の奥さんと同じ立場にいるんだよ!?

どれだけ傷つくか・・・一番わたしが知っているのに・・・

これ以上、あなたと仲良くなるなんてできないよ😥

 

どうしても一度だけ仕事以外で会ってほしいと・・・何度も断ったけど・・・

ある時、もうバイクで家のそばまで来ているって・・・

わたし、ついに・・・会ってしまいました。一度だけでいいから

 わたしももう、どうしようもなく彼に惹かれ初めていたから

自分の心にブレーキををかけることが、どうしてもできなかった。

 

この気持ちは、ダンナに対する報復なのか

ダンナに同じ思いをさせたいからなのか

そもそも恋愛なんて、錯覚に陥るみたいなものだし

今の気持ちが本物かどうかなんて関係ないかもしれない。

 

その瞬間感じたことがすべて、だと思うから・・・

不倫って、やっちゃいけないことだから燃え上がる部分もあるんでしょ?

こういうことなんだね・・・

ありとあらゆる言い訳を思い浮かべていました。

 

彼と会った瞬間にはもう、抱きしめられていました。

その強引さにわたしはもう、全てをあずけていました。

言い訳は一つ残らず消えていきました。

 

こんなわたしでも誰かに求めれたうれしさと、幸せでいっぱいだった。

ダンナの不倫で傷ついたこと、彼に奥さんがいること、

その時はなにも考えられなかったです。

 

続きはまた書きます。