不倫されシングルマザーになったのに幸せです♡

サレ妻が離婚してから立ち上がる方法

離婚届けに判を押す

北海道旅行の意味

旅行から帰ってしばらくは、わたしから何も問いかけず

ダンナからの発言をおとなしく待つことにした。

 

ダンナからのライン(同じ家に居るのにラインで伝えてくるところが、

いかにもダンナ💦ぽいのです)

 

本音ではこのまま結婚生活を続けていければいいと、初めから思っていた。

北海道旅行は変化を期待した。もし変化なくても思い出になるかなとも思った。

最後の確認だけど、本当に離婚でいいんだね?

どんどん進めているから、こっちもその気になってきた。

 

念を押すよなラインだった。

旅行でもあんなに時間あったのに、大事な話を一つもしなかったわたしたち夫婦。

結局似た者同士・・・ぶつかることを避けて逃げて・・・

ここにきて弱い部分も似ていると実感し・・・

だったら価値観一緒で夫婦うまくいきそうだけどね😅

 

わたしの答え

そんなやりとりを繰り返すことは、お互いに離婚という最終決断を

押し付け合っているだけに思えてきたわたしは、

自分で自分の決断の責任を持とうと、思い始めた。

だって、わたしの人生なのだから・・・

 

そして、ダンナに答えを返した。

 

不倫の事実が過去のものになったところで、わたしの不信感は消えることはなく

この先、その不信感はダンナのことだけでなく、娘のことも傷つけるかもしれない。

だからもう、一緒には暮らせません。

離婚に向けて準備する中で、今まで知らなかった世界が広がってきて、

それはわたしの希望にもなっている。わたしひとりでは

何もできないと思っていたけど、勇気を出して踏み出したら、

出来ることもあると分かってきて、少し自信が持てた。

 

それは、不倫発覚から証拠集めたり、探偵事務所と契約したり

弁護士も探して会って来たし、離婚する所からその後の手続きも調べたし

公正証書も作ったし、離婚後住むところや仕事についても準備始めたし

そうやって自分で決めて動いてきた事実が、

いつもダンナとか周りの人に甘えてきた生き方を、変えたと思う。

生き方が変わったからこその出会いも、経験出来たと思います。

だからこそ、ダンナに書けた気持ちです。

 

いつも側にいることを当たり前すぎて、感謝の気持ちとか

有り難さを忘れていたけど、失くしそうになってそれに気づくことも出来た。

娘の事は、自分の命に代えても守っていきます。

お父さん大好きな娘だから、わたし絶対!お父さんの悪口言わないで育てます。

 

何度も踏みとどまり、もうダメだと絶望したり、まだ頑張れるかもと

何度も何度も決断を翻しながら、この日ようやく離婚を決めました。

 

ダンナが初めて謝った

 

その後ダンナがくれた言葉です。

 

結婚生活10年弱、思い返すと勝手だけど、子どもが生まれる前も後も

楽しい思い出ばかり浮かびます。よくついてきてくれたと思う。

それなのに、甘えた考えで取り返しの付かないことを

あなたと娘にしてしまった。ふたりの人生の負担を大きくしてしまった事に

今は申し訳ない気持ちでいっぱいです。

これからはふたりの生活の基盤となる分は、必ず入れていきます。

娘は、あなたがきっちり育ててくれると信じていますよ。

娘を生んでくれてありがとう、後少しだけど楽しく過ごそうね。

本当にごめんなさい。

 

わたし、このメールを見て泣いてしまいました。

ダンナ不倫したけど、わたしがさせてしまった部分もあったのだと思う。

わたし優しくなかったね、わたしが心休まる場所を作れなかったんだね・・・

少しずつすれ違ってしまったんだよね、楽しいことも嬉しいことも

いっぱいあったよ!なのに、ごめんね・・・そんな気持ちでいっぱいになり

そのまま、わたし、ダンナのところへ行きました。

 

最後に一回だけでいいからギュってして😢って言いました。

ダンナにギュッとしてもらったから、

もう自由になっていいよ、って言いました・・・

 

もう本当に手を離したのはこの瞬間だったと思います。

もう彼女の所へ行っていいよ、本当にダンナが行きたいところへ行けばいいと

わたし、本当に思いました。

 

最後の最後で、「好き」とか「執着」が

「愛」に変わったのかもしれません。

 

ついに・・・ 離婚届に判を押しました。